So-net無料ブログ作成

シュレッダーのハンドル3Dプリンター802Nで印刷した 後編 20161025 [3Dプリンター]

前回、シュレッダーのハンドルを印刷しましたが割れてしまったので再度チャレンジしました。
1syure.jpg

LayerHight(積層ピッチ) 0.1mm→0.2mm
Wall Thickness (壁面厚み)0.8mm→1mm
Infill density (内部充塡率)50%→60%
Printing Temprature 210度→ 208度
Bed Temprature 60度→56度

あまり細く印刷すると逆にプラスチックの繊維が細くて弱いのではないかと積層ピッチを01mmから0.2mmにしてみました。実際のところ強くなるのかどうか不明です。むしろ吐き出しレートを増やしたほうがいいのかもしれません。あと充塡率をさらに上げてみました。

それから金具を叩き込む穴を前回は余裕なくピッタリにCADで作りましたが、穴のサイズを直径9mmから9.8mmに、楕円ぽい穴は左右0.5mmずつサイズを大きくしました。またヒンジ部の円の直径を23mmから30mmにしました。

印刷後プラスチックが暖かいうちに金具を押し込みましたが固くて1mmほど浅くなってしまいました。まあ問題ないレベルなので上手くいった方でしょう。
3syure.jpg
つまみの部分の円筒形のものも3Dプリンターで印刷しボルトとロックナットで留めました。A4の紙2枚程度なら今までどうり使用できるようになりました。硬いのをするとまた壊れそうなので試していません。
2syure.jpg
もし試される方がいましたらPLAではなくABSのほうがいいと思います。あと穴のゆとりをさらに0.2mmほど大きくした方がいいかもしれません。

シュレッダーのハンドル 3Dプリンター802Nで印刷した 前編20161024 [3Dプリンター]

最近シュレッダーのハンドルが割れたがどこにもメーカー名や品番が書いていないので補修部品も問い合わせできそうにない。だいぶ使用していてたまに分解してゴミをとったりして丁寧につかっていたが通販のビニール混じりの宛名をシュレッダーにかけたのが壊れた原因のようだ。
syure2.jpg
syurextu.jpg
ハンドル内部の金属とつまみのみ再利用して、Autodesk123と3Dプリンターの練習にちょうどいいので取っ手本体をAutodesk123でSTLを作り作ってみました。

Autodesk123で立体にしたオブジェから斜めにカットする方法がわからなかったのと、製品は取っ手側ピンが出てますが作るのが手間がかかりそうなのとサポート材を入れる必要がありそうだったので少し形かえてます。

1回目印刷したら何故か印刷物に段差ができたのと中をもう少し充填したほうが強度が良さそうだったのでデータを修正して再度印刷しました。

2回目はCuraはHighQualityの設定で
LayerHight(積層ピッチ) 0.06mm→0.1mm
Wall Thickness (壁面厚み)0.8mm→1mm
Infill density (内部充塡率)20%→50%
Printing Temprature 210度→ 208度
Bed Temprature 60度→56度

に変更して印刷してます。出だし右側が低くてネジを調整しながら印刷しましたが途中で机のへりからプリンタ右手前が落ちていて筐体に歪みが生じていました。印刷中にプリンターの位置を戻して、再度ネジを回しましたがうまくいったようです。
syure3.jpg
印刷終了後サポート材を外し、シュレッターハンドル内の金具を印刷物に叩き込込もうと半分ほどハンマーで叩いたところで割れてしまいました。
syure4.jpg

15ピンゲームポート変換器PC Super Joy Box7を使ってみた。 20161023 [PC]

以前Windows7で15ピンゲームポートをUSBに変換するの作りたいなーと書きましたが、英語がわからない当方のレベルではそもそも無理でした、ごめんなさい。

途中GIMXとかいう外国のページのみてこれかなーと思ったのですがUSBのゲームパットをPCに繋いでPC上でキーコンフィグを変換してゲーム機でつかうってことでした。つまりPCをゲームコントローラー変換器として使うってことUSBのゲームコントローラーしか対応してないようだ

調べてもわからんかったし面倒なのでSuperJoyBOX7とかいうのダメ元で買った。

説明書などは入っていない。外箱裏にかいてある英語の注意書きのみ、怪しい英語レベルで読んだ感じではSuperJoyBOXのPWSの切り替えはつなぐ機器の種類パッド(P)ホイール(W)スティック(S)の略らしいまずSuperJoyBOXをPCにつないでからジョイパットをつなぐ、外すときはその逆でジョイパットを外し、その後USBを外す。

持っている5種類の15ピンゲームパットを試した

画像左からノーブランド4ボタンゲームパット、SideWinderGamePad、SideWinderPrecisionPRO、SANWA POWER STICK JY-DV11、SANWA BAT GRIP JY-DV16
superjoybox7.jpg
・ノーブランドの四つボタンと連射機能4ボタンのゲームパット  SuperJoyBOX P パッド側スイッチの連射OFFだと第3第4ボタンが反応しない。連射の第3、第4ボタンは反応する。パットC.Dと真ん中だと正常に機能する

・MicrosoftSideWinder GamePad
Pの位置 レバーが上に入りっぱなし、第5、第6ボタンオンになりっぱなし、第1、第2ボタン点滅で操作不能Wの位置 レバー上入りっぱなし モードを変えると第1第2ボタンだけ点滅操作不能、Sの位置 反応せず

・Microsoftsidewinder Precision PRO ボタン1から4点滅しぱなっし レバー左上固定 操作不能

・PowerStick JY-DV11 連射機能をすべてOFFで詳細設定で調整するとレバーは正常、ボタンは第1、第2、第3、第4ボタンのみ機能するようになる。連射機能オンにすると第1第2ボタンのみ機能する。検証中に突如SuperJoyBox7が認識しなくなり挿し直しても反応しないので壊れたかと思い。抜いた状態で再起動するとまた認識しました。動作が怪しいのでこのスティックを挿してまたおかしくなると嫌なので検証は途中でやめました。

・BATGRIP JY-DV16 6ボタンジョイパット 連射ボタン2つも含めて完璧に動作する

よくわからんなー、他のPCに挿してSidewinderGamePadを先に挿したけどやっぱりだめだった。
はじめにノーブランドのジョイパットを挿したからその設定でSuperJoyBox7に固定されたのか元から
対応してないかわからないな。

基本単純なゲームパットなら動くようだ。ボタン単体で連射機能がついているのはいいが、スイッチで
連射に切り替えるのはダメなようだ。レース用のコントローラーは持っていないので試していない。

3Dプリンター802Nでいろいろ印刷してみた。20161022 [3Dプリンター]

まともに動くようになったのでいろいろ印刷してみました。
なにも考えずに時間が掛かるなーと思って気づかず0.025mmで一度だけ印刷した立方体と円柱のサンプルデータせっかく積層ピッチが小さいのにあまりに時間がかかるので速度を速くしすぎて少し歪んでます。
円柱0025.jpg
以降積層ピッチ0.2mmで印刷してます
次が国土地理院のデータを半年前光回線だったときにSTLにして保存していたデータをcuraで変換して印刷しています。現在MVNOなので時間がかかるので試してません。やり方もどうやったのかわすれましたが
http://cyberjapandata.gsi.go.jp/3d/
をみて周辺のデータをSTLにした覚えがあります。人にプレゼントしたり、何枚かにわけてジオラマにつかったり標高データを数倍にして起伏を増やしたりと遊べます。

また思った以上に印刷の出来がよく、プリンターのレベルテストに最適なので調整しながら何枚も印刷してしまいました。
左から1回目、2回目、3回目、4回目です。
4mai.jpg
1回目表の状態 右奥プラットフォームがだいぶ低く、また右手前も低かったらしく反っている
1omote.jpg
2回目表の状態 右側の親指ナットを調整し反りがなおったがまだ右側サポート材が隙間があいている
2omote.jpg
3回目表の状態 プラットフォームでなく右側Z軸を停止時に少し回しX軸を下げたが下げすぎて左側にも少し影響している
3omote.jpg
4回目表の状態 右側Z軸を少しもどし、プラットフォームの親指ナットを調整した。非常に綺麗に印刷できたが最後のわずかながら印刷物表面が厚みが不足して微細な穴が開いてしまった。
4omote.jpg
1回目裏の状態 反ってしまい片側に隙間が空いている
1ura.jpg
2回目裏の状態 かなりよくなったが、まだすこしザラザラしている
2ura.jpg
3回目裏の状態 かなりたいらになったためマスキングテープごと印刷物がとれてしまった。
3ura.jpg
4回目裏の状態 段差もなくほぼ完璧に印刷できている。
4ura.jpg
その他に合間にいろいろ試して印刷したもの
ホンダのサイトでNSXのSTLデータが配布されていたので低解像度のほうを印刷したもの結構いがんでますが微調整前なのでもう少しくらいは綺麗になるはずです。
nsx.jpg
AUTODESK123designの練習のページで作ったSTLデータを印刷したもの、これもプリンタ調整前
123d.jpg
アンモナイトのOBJデータをどこかのサイトでみつけたのでそれをCuraで変換して印刷したもの。OBJのデータもCura2.1.0でGcodeに変換できることが確認できました。ですのでGoogleSketchでプラグインを入れてSTLに変換しなくてもGoogleSketchでOBJで出力できますのでそれでもいいかもしれません。
anmo.jpg
いろいろ印刷してみての画像のように、プラットフォームとエクストラーダの隙間の幅を、エクストラーダから出てくる材料の直径よりも小さくすれば塗りつけるような感じで綺麗に印刷できるんだとわかりました。しかし隙間を小さくしすぎるとマスキングテープの継ぎ目の段差ですら印刷時に歪みがでてかなりシビア
exst.jpg
結局細かく印刷しようにもプラットフォームが水平なのかX軸が水平なのかどちらが水平かわからない。部屋の床がそもそも傾いているし、机も傾いている。台を鉛直をとって水平にして完璧に調整しても電源入れて機械が温まっているときと次の日電源いれたばかりの冷えてるとき、印刷の開始時と終了時でわずかなビスの緩みとか考えてたらこれで上出来だと思う。

むしろ組み立て時にモーターの硬さが違っていたり、螺旋軸の直径が違っていたりしてるのにこれだけの精度で印刷できるのはある意味すごい。

3Dプリンター802N Cura2.1.0の設定 [3Dプリンター]

Cura2.1.0のPrusa i3の設定で802Nで印刷できるG-codeにSTLを変換できたので画像載せておきます。
cura210b.jpg
cura210c.jpg
インストールしたままの数値で特に数値触っていませんが、一度印刷してみて妙に細かいなとおもったらUlti QualityだったのでLayerHeightが0.025mm(勘違いでなければ0.025mmだった)になっていたので0.2mmにしてます

それから802N付属のサンプルデータのベイ◯ックスが綺麗に印刷できたのでそのG-codeを見るとプリント温度205度、Bed温度55度になっていましたのでそこは変更しています。

CuraでSTLを読み込んでGocdeに変換して保存しRepetierHostで開き印刷します。印刷を実行してあまりに時間がかかりそうなら送りレートや吐き出しレート速度を上げたりしましょう。
プリント温度は3から5度程度下がってきますので208度くらいのほうがいいかもしれません。

Slic3rのように半分ReptierHostと融合していたらいちいち保存して立ち上げとかしなくていいんだけどな。たぶんちゃんと設定すればCuraを使わずに使えるんだろうけど面倒で確認してない。

いまのとこちゃんと操作できてるから多分RepetierHostのプリンター設定よりCuraのGcodeのほうが優先しているっぽい。

3Dプリンター802Nで使うためにCADをPCにインストール 20161019 [3Dプリンター]

今頃になってやっとReptierHostとCuraを使ってまともに印刷できるようになったので、自分で作ったものを印刷したくてCADソフトを調べた。当方は立体データはAutoCad2012しかつかったことないのでDXFをSTLに変換する方法さがしてみたらGoogleSketchUPというソフトがあるらしい。

でダウンロードしようかと思ったけど読者になってる方のサイトを拝見したAUTODESK123DESIGNが無料と書かれていたのでダウンロードした。

ダウンロードサイズ400MBなのにMVNOの通信量が1300MBとかたまらんわ。Windows10がウイルスの定義ファイルの更新で通信してるにしても多すぎる。どんだけ大量にWindows10は裏で通信するねん。MVNOやから金がデータ無駄遣いせんで欲しいわ。設定できるほぼすべての項目の通信を切ってるのにいったい何をWindows10と一緒に通信してるんや。

そんなこんなでAUTODESK123をインストールした。AUTODESK社の製品が無料なんて珍しい。iPadPro版のAutoCADはアカウント作成してAUTODESK社のクラウドに保存しないと使えない。さらに無料版だとファイルサイズ10MBまでしか開かないからインテリアでトイレのオブジェ置くだけでアウトで使い物にならなかった経験がある。

また以前iPadProでAutoCADをアカウント登録でGメールを指定したら。GメールからAUTODESKからGメールのプロフィール欄を参照したいとアクセスあったけど開示していいか?というメールがgoogleから来たしあんまり印象は良くない。

さてAUTODESK123をインストールして立ち上げると匿名でデータ収集するけどいいよねと聞いてくる。上記の件もあるから気がすすまないけど無料なので仕方がない。どうせ日本のネットはすべてアメリカ経由なんだからいちいち聞いてこないで一般人には了承なんてする必要ないのにとは思う。フレッ◯のルーターでもプロバイダのパスワード入れなくてもなぜかGoogleにだけは繋がったことあるしなぁ。

さてAutoidesk123をスティックPCにインストールして立ち上げる。解説のページを見ながら物体の中をくり抜こうとするもなぜかくり抜けない。動作が重いしアプリが落ちた。

しかたないのでSketchUPも変換だけでなく3Dも作成できるみたいなんでそれをMacBookAirにインストールした。うーん操作がさっぱりわからん。それにSTLで出力するにはプラグイン入れないといけないけどMacだとよくわからん。OBJで出力できるのでそれをCuraで読み込ませればいいかもしれないが試していない。

結局Autodeskに負けてMacbookAirにAutodesk123をインストールした。すげーサクサク動くWindows版と違い表示が英語になっているが致し方無い。MacbookAir2011で5年前のモデルとはいえAtomと違いCore i5はこんなに性能が違うのか。
普通にスティックPCではできなかった物体のくり抜きとかできた。グラフィック性能やCPUの性能がStickPCでは悪すぎたようだ。

それでAUTODESKから123DESIGNをダウンロードするときiPad版というのが目に入ったので検索してiPadProにインストールしてみた。もっとサクサクやんスゲー,iPadPro用はAutoCADしか出てないと思っていたよ。

しかしiPad用AUTODESK123DESIGHNクソメンドクセー、ファイルの保存が「デバイス本体」「ドロップボックス」「AUTODESKのクラウド」の3つしか選択できない。それもデバイス本体に保存しているのはiTunesでも取り出せない(itunesでファイル取り出す方法があれば教えてほしい)。

AUTODESKクラウドもウザい利用規約のところになるとそこだけ英語表記で読む気をなくさせるめんどくさいわー。仕方ないからドロップボックスのアカウント作ったよ。いろんなアカウントだらけでわけわからんわ。
とりあえずドロップボックスに保存してみたらSTLで保存されたので変換の手間がなくてそれだけは便利

Cura2.1.0をインストール 後編 20161018 [3Dプリンター]

CuraがSTLしか使えないので、またReptierHostを使用してみた。プリンタ情報みたら「--」で表示されないのでポートをCOM3(説明書のCOM13は間違っています)にして「プリンタ接続」を選んだら認識した!

サンプル選んだらちゃんと3Dプリンターが反応する。ということは今までドライバーがちゃんとあたってなかったってことか。

急に認識した原因として思い当たるのが
・WindowsAnniversaryにアップグレードした。
・WindowsAnniversaryをインストール後!がついて認識していなかった何かのデバイスがあったがWindows10をネットワークからドライバーの自動検索でドライバーを当てた。
・Cura2.1.0をインストールした際Arduinoのドライバーもインストールされた。
・Arduinoのドライバーが当たっていなかったか違うのがあたっていた

うーむ原因がわからんがReptierHostでSTLを読ませてSlic3rでGcodeに変換して印刷しても動くが射出してくれない。Gcodeの設定が悪いようだ。

Cura2.1.0でPurusa i3の設定でSTLをGcodeに変換してそのファイルをReptierHostに読ませて印刷するとできるではないですか。

長い道のりだった。3Dプリンター付属の説明書が英語なのと、ページごとに設定の数字が違っているのがつまづきの原因だった。またプリンターの紹介でSTL,Gcode,OBJ,が使えると書いてたので3Dプリンターの知識がなかったのでSTLから直に印刷できる、もしくはプリンターが勝手に積層ピッチなどを決めてくれる、それかSTL自体がスライスデータを持っているとばかりはじめは思い込んでいた。

この3DプリンターGcodeしか認識しないやん。はじめはSTLに温度の設定や印刷スピードなどの設定が書き込まれているのかGcodeに書き込まれているのかもわからずに基本的なことでつまづいてたわ。

今のとこSlic3rよりCura2.1.0のほうが綺麗に印刷できるようだ。(あとでわかったのですが積層ピッチが0.025mmでウルトラクオリティの設定になっていたことが原因でした)あとCuraは印刷できないSTLはよくデータ変換に失敗する。

何にしてもやっとまともに動いてくれるようになってうれしい。

Cura2.1.0インストールした 前編 20161017 [3Dプリンター]

久しぶりに涼しくなってきて3Dプリンター触る気になったので触ってみました。

前回、3Dプリンター単体でGCODEのサンプルの印刷に成功したため、RepetierHostをインストールしたあとSlic3rをインストールしSTLをGCODEに変換するところまでしたところで、何故かPCから3Dプリンターが動かないし、できたGcodeも直接プリンターにいれても動かないのでそこで投げ出したところでほったらかしにしていました。

今回はRepetierHostではなくCura12を入れて試してみました。まずCuraをダウンロードしてきてStickPCにインストールしようとしたらWindows64bit版だから入らないと弾かれる。あースティックPC、CPUは64bitだけどOSは32bit版だったのか、仕方ないからWindows7の64ビット版に入れようとしたらMSのSecurityEssentialが警告を出したのでインストールしませんでした。やっぱりフリーザの兄だからなのか?

仕方ないからCura32bit版をダウンロードしようと探すがWindows64bit版、Linux、MacOS版しか出てこない。かなり探し回ってCura2.1.0 32bit版(ファイル名Cura-2.1.0-20160318-w32.exe 66.7MB)を発見したのでダウンロードしStickPCにインストールする。

インストールできなかったCura64bit版のカスが残っているらしくそれをアンインストールしてくれた。その後Cura32Bit版インストールをする。そうすると勝手に自動で3DプリンターのArduinoのドライバーをインストールしてるっぽい。

あと使ってる3Dプリンターの種類を聞いてくるけど無名の802NはどっかのOEMっぽいから載ってない。とりあえずPrusa i3と外見が似ているっぽいから使ってるArduinoとかが同じであることを祈りつつ
Prusa i3としてインストールする。
cura210a.jpg
順調にインストールできたのでCuraを立ち上げると「Cura2.1.0 DEVEROPER VIRSON」と表示される。デベロッパーバージョンなんや!やたらシンプルな画面

早速Gcode開いてプリンターに印刷してみようとしたけど開かんやん。いろいろ触ってたらSTLしか開かんのか。つまりSlic3rみたいにSTLをGcodeに変換するだけのソフトなんやなーやっと理解したわ。

Zenfone3ZE520KL SMSのみ受信できない、または送信のみができない場合 20161007 [携帯・スマホ]

Zenfone3でSMSが送受信できなくなったときの当方がした解決方法。
SIM1にDocomoかけ放題のみのSIM(iModeとかつけていないオプション一切つけていない完全に通話のみのプラン)
SIM2にMVNOのデータのみのSIMを挿しています。

[追記20171013 あくまでも当方の考えですがSMSが突然使えなくなるのは多分契約時に登録したガラケーの固有番号をチェックしていてスマホで使っているのを知っていても2週間程度泳がせているのではないかと思われます。指定外デバイスで500円余分に掛かるが2年縛りが切れるまで解約金10000円と事務手数料3000円掛かるので500円x24ヶ月の12000円とほぼ釣り合うので、2、3週間すぎてクーリングオフの期間が過ぎるのを待ってSMSを止めて店に持ち込んで来てスマホ契約に変えさせるのが目的ではないかと。腹たつわー無意味に電話する相手もおらんし、誰かスマホ用の音響カプラーでも作ってくれたら外線でFAXをプリンターにでもして無駄に通信するのに・・・]

Zenfone3で60文字超えるくらいの文章打って送信したら送信失敗してそれ以降何度送信しても文字が消えて、なぜか一度だけ「m(_ _)m」の文字だけ送信成功したあとは送信するとすべて空メールを送信するようになった。

初期化したらもう一度設定や連絡帳を戻すのにすごく手間がかかるだろうから仕方なくいろいろSMS関連の設定緩めたり、ググって*#*#4636#*#*(よほどでないとしないほうがいいでしょう。あとで知ったのですが3Gのオンオフのコマンドのようですのでガラケーでは通話になって意味がなかったようです。
Zenfone3では試してないので戻し方とかわからないので自信のあるかただけためしてください。)とかの隠しコマンドを他のガラケーに挿してためしても全然なおらず困り果てた。(ほかのガラケーではちゃんと送受信できた)

Google日本語入力をAsusキーボードに戻したりしたら半角英語のみ送信できるようになったりとかよくわからん動作をしてた。

結局設定アプリから一度メッセンジャーのアプリ(英語のMessangerではない方です同じ名前が二つあるので注意)を削除して再インストールしたらなおった。入力もGoogle日本語入力にもどしても動作するようになった。

たぶんアプリの権限のON、OFFをモバイルマネージャー、アンドロイド、Googleでコロコロ変えてたから連携がどこかうまくいってなかったか反映されていないとかその辺の気はする。

で、送信なおって喜んでたら受信テストしたら今度は受信ができなくなっていた。これはSIMの挿し直しでなおるよーと書かれていたから試したけどなおらない。よくわからんわー

これも結局どうしようもなくなって「設定」→「デュアルSIMカード設定」→「データサービスネットワーク」を選択しSIM2(MVNOのデータSIM)からSIM1(音声SIM)に変更し設定が反映されたらすぐにSIM2(データSIM)に戻す

(データSIMに戻さないと高額課金されるかもしれませんので気をつけてください、それからかけ放題の契約もスマホ用とガラケー用で料金プランが違ったがはずですが、たぶんFOMA契約だしモバイルマネージャーで音声SIMの通信量をみても0KBになっているので大丈夫とは思いますが一瞬切り替えたことでスマホ用の契約にかわるかもしれないので料金ページ確認してください。大手キャリアによって悪質な会社から極悪な会社まで違いがありますので覚悟して自己責任で行ってください)と突然テストして消えたメールがまとめて受信された。なおってホッとしたわ。

あと何度も書いています(9/3の記事)がiPhoneからアンドロイドに乗り換えたかたはiMessageやFacetimeの紐付けを解除しておかないと他のiPhone利用してる友人からのSMSがiMassageで送信され続けてこちらには届いていないのに気がつかないので特に注意してください。それから音声のみ契約のかたのSMSは画像の送受信もできませんのでその場合データSIMでLINEやEメールなど他の手段をつかってください。。