So-net無料ブログ作成
検索選択

iPadPro12.9インチセルラー版128GBを1年使ってみた感想 20161126 [タブレット]

結論からいうと大満足とまではいかないが買って良かったと思えるレベル

購入目的は電子書籍、雑誌のスクラップ、カーナビ目的でした。

良かった点
・画面が大きいので電子書籍は確かに読みやすい。キンドルやコボ、ソニーのリーダーのアプリを片はし
からインストールしてどれででも読めるのは便利
・サファリで見ているウェブサイトや適当な画像をiBOOKSでPDF文書にすぐに変換できる。
・ZENブラシというアプリで書道をして遊べる
・A9Xが凄まじく性能が良いのでメビウスファイナルファンタジーやアサシンクリードなどの劇重のゲームがストレスなくプレイできる。
・バッテリーの持ちがいい
・GPSの性能が良い
動画再生のプレーヤーとしてみるとコマ落ちもなく音も良く非常に便利
・画面が高精細
・カメラで撮影した記事切り抜きがちゃんと撮影できているか確認が楽
・OSが安定している

悪かった点
・カメラのフラッシュが無い、もちろん懐中電灯機能もないため、記事を撮影するときiPadProが大きいため自身の影が入るため位置を考えての撮影が面倒。Zeofone3はシステムアップデートでLEDライトを点けながらの撮影に対応するようになって便利になった。iPadProもLEDライトを搭載するべきだと思う
・バイブレーション機能がないためポケモンgoのプレイでは絶えず水平にもち画面を眺めないといけない。
・四隅に直径5mmぐらいのストラップホールを開けておいて欲しかった。それなら紐を通して画板のようにして外で使えるし、また壁にぶら下げて壁掛けテレビのようにつかえたり使用方法が広がると思う
・アップル純正で方位磁石がインストールされていない。
・電卓がない(iPone4Sでは横を向けると関数電卓にもなる気の利きようだったのに搭載されていない、いちいちアプリをインストールする必要がある)
・カーナビとして車のダッシュボードに置くスタンドがほぼ売られていない。自作して設置してみると重すぎてカーブなどでiPadProが落ちる。またスタンドが支えきれない。視界がかなり遮られる。ヒンジタイプのものも本体が大きすぎるためクーラーの吹き出し口を塞いだり、操作パネルやシフトレバーに干渉して設置が困難、iPadProに対応してるフレキシブルスタンドも縦置きに対応していない
・iTunesの操作が非常にわかりにくいためiPadPrpで自作したiBOOKSの中のPDFをPCに転送するのができるが困難
・icloudドライブがまとめての送信に対応してないため一つずつファイルをPCに送信しないといけなくて使い道にならない
・マイクが下部でなく上部についている
・回転ロックの性能が悪い。(iPhone4SiOS5.1.1のときは画面下部をスワイプして設定画面を表示し、ボタンを押し回転ロックを解除したらすぐに反映されていたが、設定画面を仕舞わないと反映されなくなった)
・コードが傷むのが嫌で縦表示の際ホームボタン側を上にしていてもアプリを立ち上げるとホームボタン側が下側に強制的にされる、そしてアプリが終了すると逆さまになる。これもiOS5や6のときはホームボタンが上側にしていてもアプリが回転することがなかったのになぜ対応しないのか
マルチタスクに対応しているアプリがほとんど無い
・iPadAirでは無料のアプリ産経新聞、WORD,EXCELなどがiPadPro版ではアプリが有料になっている
・とにかくiTunesがわかりにくいし転送に融通が利かない。使いにくい。また当方の場合まるごとバックアップをしようとするとMacBookAirの容量が足りないのでまるごとバックアップができない。
・iOSがバージョンアップのたびに使い勝手が悪くなる(指紋認証を数回失敗するとパスコードを求められる。スライドで解除できなくなり起動がもたつくようになった)
・メッセージがiMessageのみ対応でSMSに対応していない
・iBooksとitunesの仕様がコロコロとバージョンアップの度に変わるらしく見ていたサイトをPDFで保存してもitunesで転送できなくなったり、フォトをPDFにしたりしても抜き出せなくなる。とにかく不便になるように何度もバージョンアップ(ダウン)しているようでOSが最新になるたびに保存したPDFの抜き出し方法が変わりやり方を調べないといけなくなる。またiCloudとiCloudDriveとitunesとibooksの関係が何がどうなっているのか調べても使えるようになってもバージョンアップのたびになにか不具合がでてわけがわからない。
・iPadProのiBooksでPDFに文章に蛍光ペンで印をいれたりの編集作業ができない
・ApplePencilの機能がどのアプリも中途半端、Zenブラシだと毛筆のみ、メモだと蛍光ペンは使えるが筆が使えない、Paperだとほとんどのペン先が選べ、万年筆などあるが蛍光ペンが使えないのと毛筆が苦手といった具合んい中途半端。
Adobeのアプリも「PhotoshopFIX」「PhotoshopMIX」「PhotoshopSketch」「AdobeDraw」「AdobeIllustrator」と機能がほぼ同じなのに乱立していて何がなんだか分からない
シリコン製のカバーをつけてポケモンGOをした場合水平に持って歩くため太陽の熱を直にうけ加熱する。放熱が追いつかないためシリコンカバーをはずして運用することが多く落とさないかどうかかなり気をつかう。35度の直射日光のもとでポケモンGOをした場合フル充電で3時間半くらいしかバッテリーが持たないが、気温20度くらいだと5時間程度持つ。

使ってみて思った点(あくまで当方の勝手な想像)
アップル社は始めはiPadを大きくしたら便利かと思い開発していたがキーボードがないとやはり不便なのと大画面でCPU性能がたりずグラフィックがもたつくので開発が足踏み、そのうちA9Xのが生産され性能がすばらしい。試作したらiOSより重いMacOSでもいける。それならキーボードつけたMacBookairと変わらないやんてなり、OSをMacOSに変更してMacBookとして発売。

その後AppleWatchを売ったけどイマイチで工場の人員が余りまくりヤバイときApplePencilが完成して
結構いけるんじゃねと開発再開。2016年3月から6月くらいに発売予定が中国が経済ヤバイので急遽3ヶ月から半年前倒しで発売に至ったのではないかと推測する。だからOSがボロボロ、ハードの詰めも甘いんじゃないかなと思う。

アップルペンシルの分解写真でスマートコネクターの痕跡みたいなのがペン側面の内部写真にあったからはじめは側面で充電するつもりだったんじゃないかな。なんらかの理由であきらめて急遽製造したからペンの充電方法が不便なんじゃないかと思う。

なんにしてもiPadPro12.9インチは「itunesが酷い」この一言に尽きる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0