So-net無料ブログ作成
検索選択

3Dプリンター802N Cura2.1.0の設定 [3Dプリンター]

Cura2.1.0のPrusa i3の設定で802Nで印刷できるG-codeにSTLを変換できたので画像載せておきます。
cura210b.jpg
cura210c.jpg
インストールしたままの数値で特に数値触っていませんが、一度印刷してみて妙に細かいなとおもったらUlti QualityだったのでLayerHeightが0.025mm(勘違いでなければ0.025mmだった)になっていたので0.2mmにしてます

それから802N付属のサンプルデータのベイ◯ックスが綺麗に印刷できたのでそのG-codeを見るとプリント温度205度、Bed温度55度になっていましたのでそこは変更しています。

CuraでSTLを読み込んでGocdeに変換して保存しRepetierHostで開き印刷します。印刷を実行してあまりに時間がかかりそうなら送りレートや吐き出しレート速度を上げたりしましょう。
プリント温度は3から5度程度下がってきますので208度くらいのほうがいいかもしれません。

Slic3rのように半分ReptierHostと融合していたらいちいち保存して立ち上げとかしなくていいんだけどな。たぶんちゃんと設定すればCuraを使わずに使えるんだろうけど面倒で確認してない。

いまのとこちゃんと操作できてるから多分RepetierHostのプリンター設定よりCuraのGcodeのほうが優先しているっぽい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0