So-net無料ブログ作成
検索選択

Zenfone3ZE520KLを1週間使った感想 20160919 [携帯・スマホ]

全体的にはサクサク動く

メモリ3G
結構アプリを削除しているがメモリをコンスタントに1.7G程度使用している。メモリ解放すると1.5Gくらいに減るがアプリを立ち上げると1.9G前後になっていたがシステムアップデートの通知がありアップデート後はメモリ使用量が大幅に減りました。常時RAM1Gくらい使用、アプリを立ち上げて1.4Gくらい使用と改善されました。アプリの動作も改善されました。
20161005追記、最近アップデートの通知がきました。まだアップデートはしていません。またメモリ使用量が減ったと記載しましたがアンドロイドの仕様なのかいつの間にかメモリ解放してもいつの間にか常時1.5Gくらい使っています。あまり増えたら再起動したらいいでしょう。2016107アップデートしました。ポケモンゴー改善と書かれてましたがモンスターボールが逆に投げにくくなった気がしてあまり変化は感じられませんでした。

ストレージ32G
システム予約領域8Gとアプリ2Gで20G程度の空き

アプリ
ASUSのアプリとGoogleのアプリで機能が重複しているのが多い。またASUSアプリ同士でも機能が重複しているものが多くてややこしい。9月5日の記事で保留にしているアプリは消して問題無いようだ。

・シムシティー:英語でなく日本語でプレイできた。
・Need for speed:削除したので日本語かどうか不明。

・ファイルマネージャーやShareLinkの転送アプリは使わずにビルド番号を7回タップして開発者向けサービスを表示させて「USBデバック」をオンにしてPCに繋いでデータをやり取りしたほうがはるかに楽です。

・天候:AccuWeatherの天候データ(アメリカの観測データ?)を利用しているそうだ。Siriに尋ねても降水確率は教えてくれなかったが、Zenfone3は「降水確率」「湿度」「風速」「降水量」「月の予想(月間予報?)」「日の出日の入り」「紫外線指数」まで表示してくれる。非常に素晴らしい。台湾や大陸の人なら「大気環境警報」とかいうのにも対応しているようだ。

・Zenchoice:購入直後にアンインストールできたので削除したが今の所アプリも復活しないし不具合もない、重要そうだったが何をするアプリだったんだろう?

・音声レコーダー:ボイスレコーダー単品のアプリとして使えるが、設定で「全通話を音声記録する」と設定したときにも利用されるようだ削除しないほうがよいだろう。通話が録音できるのは地味に便利全通話意外にも細かく電話帳に載っていない通話先のみ録音など設定できるので便利

・時計:秒針がない!秒を表示できるアプリをいれると良いみたいだ。ホームで秒がないのはまあよいとして時計アプリをひらいても秒が見当たらないのはどうかと思う。
追記:時計アプリは多いが秒を表示するウイジェットはかなり少ない。表示してもアンドロイド自体の省電力仕様の影響かスリープから立ち上げると時計が止まっているのがほとんどでもういちどタップして設定を開くなどしてアプリを起こさないといけないのが不便。
また時計アプリなのに通話先やストレージへのアクセスを求められるのが多くなかなかしっくりくるのがない。
ASUS自体が秒針入りのアプリをバンドルするべきだと思う。また目覚ましの時間設定が体感的にわかりにくい。直感でセットできるようなインターフェイスにするべきだと思う。
(10/9追記、何種類も秒を表示するアプリをいれましたがSecondStatusとかいうアプリが当方的にはオススメです。左上のタスクバーに小さく秒のみ表示されます。1、2秒程度遅れますが十分実用的です)

・GameGenieアプリをブーストしたり画面動画キャプチャとフェイスカメラを同時に起動してストリーミング放送できたりできるようだなんとなく気持ち悪い。設定でツールバーとか常時起動とかOFFにしとかないと消し方がわからなくて困る。当方は早めに削除した。ブーストとか便利そうではあるがバッテリーの消費が激しそうだ。ユーチューバーならつかってもいいかもしれない・・・MVNOでストリーミングをしたらすぐ上限にかかるから当方は使う理由がないな。

システムアップデート
購入時MVNOのSIMを挿すだけで使えていたが、システムアップデート後データSIMでネットワークに繋がらなくなって焦りました。「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」からMVNOを選びましょう。MVNOの入ってるSIMトレイの「データ通信を有効にする」がオフになってるかもしれませんのでONにしましょう。

あとPREMIUM 4G(キャリアアグリケーションエリア)に入ると4Gの表示が4G+になりポケモンgoが少し快適になる。
Zenfone3HK版はPREMIUM 4G(Band1.19.21)のうちBand21には対応していないのでBand1(2GHz、112.5Mbps)とBand19(800MHz、75Mbps)を束ねた理論値187.5Mbps出るってことかな。
遠出したとき気づいただけで対応してるエリアかなり少ないようですがね。対応しているエリアの人は快適でしょう。

キーボード
日本語入力と変換がいまいち、Zen UIキーボードというのがASUS純正のIMEみたいなんですがフリック入力が文字の上下左右でなく文字の上部に4つ並んで表示される。携帯入力とキーボード入力がやたらに入力しにくい。中国語は手書き入力できて日本語ができないのはおかしい、カタカナ、ひらがな増やすだけやとおもうんやけどな。

仕方ないのでgoogle日本語入力とGoogle手書き入力インストールした。Google日本語入力選択しようとすると文字入力情報がGoogleにながれるけど本当にいいの?と訊いてくる。いやいやZenUIキーボードが使い物にならんから仕方なしに選択してるんですけど汗。第一Android自体がGoogleですやん。とりあえずGoogle日本語入力使ってる。キータッチの指の位置計算のアルゴリズムがiPhoneのほうがいいらしくiPhoneのほうが入力しやすいね。

ディスプレイ
5.2インチですが108均の5.2インチ液晶保護シールやiPhone6用の保護シールですとディスプレイガラスの端がエッジ加工で曲面になっているので保護シールが浮きます。ですので保護シールを3ミリほどカットして幅を狭くして貼ると良いでしょう。

バッテリー
2650mAを5V2Aで充電するので充電がわりと速いです。USBタイプCなので裏表関係無いのもいいです。

カメラ抜群に夜間の感度がいいです。夕暮れ時に撮っても非常に綺麗にとれます。マニュアルの設定も充実してる。コントラストなどは変えられるがカラーバランス、青だけ濃くとか、黄だけ薄くとか設定できないのは不便。ただ薄暗い部屋や影になっているところでも問題なく明るい部屋で撮ったかのような画像になるので非常にカメラ性能はいいです。CMOSっていうだけで昔はゴミだったのにソニーの裏面照射CMOSは本当にすごいわ。最近どの携帯もソニーの裏面照射CMOSだよなーたしかに性能いいもんなー、技術流出だけしないで欲しいけど数年後経済危機とかで業績悪化したらすんなり技術流出するんだろうな。

Zenfone3ZE520KLのカメラはSony IMX298 sensorでF値2.0です。
iPhoneSE/4S/5/iPadPro12.9 がF値2.4
iPhone6/6S/5S/iPadPro9.7 がF値2.2
iPhone7/7Plus がF値1.8
GooglePixel がF値2.0 やっぱりソニーのセンサーなんだろうか?

iPhone7には負けるけどiPadProにカメラ性能で勝ってる。

zenfone3で撮った画像しかないので比較しにくいですが。

夕暮れ時(画像サイズが1Mまでしかアップできませんのでサイズ縮小してます)
himest201609131819.png
夜間のお城をオートで撮影(まわりの暗さに合わせて城が白飛びしてる。画像縮小しています)
himeaf201609131851.png
夜間のお城をマニュアルモードで調整して撮影(城に明るさを合わせた画像、画像縮小していません)
himejimn20160913191956.jpg

セキュリティー
モバイルマネージャーの「パーミッション」→「アプリの権限」からかなり細かくアプリの権限が設定できるのと、「ホーム」→「アプリをロック」から個別のアイコンにロックをかけることができる。これはかなり便利。機械に疎い人に電話とメールのアイコン以外をロックして渡すとかしたらあっという間にシニア電話になって便利そうだ。

あと指紋だかモーションのセンサーそのうち指紋登録しようと思ってほっているのだが突然カメラが起動してカメラを撮る。原因は指紋センサーのタッチコントロールが標準でオンになっていたためのようだ。「設定」→「指紋」から使わないならオフにしておいたほうがいいだろう。

またHK版とTW版もほとんど同じだが微妙に日本語の扱いが違うようだ。同じようにアップデートしたにもかかわらずTW版はLeserRulerのアイコン表記がレーザールーラーとカタカナになっていたりと稀にアイコンの表記が違う。ショートカットの作成方法が違ったのだろうか?それ以外にはこれといって違いは感じない。


全体に非常に良く出来ている。両面ガラスなので落とさないかどうか心配するくらいだ。ガラスの裏にカラーフィルム貼ってるようなのでどうせならスケルトンのモデルも出して欲しかった。

またせっかくガラスなんだから本体前面と背面をディスプレイ以外の部分アルミ蒸着して鏡にしておいてくれたら女性に売れると思うよ。ま、その場合日本では男性には販売できないだろうから女性かどうか身分確認が必要になって手間が増えるけどね。

ASUS(華碩電脳)←ペガサスから名前をとってるが読みはアサスでなくなぜかエイスース
Pegatron(和碩連合科技)←元ASUS製造部門100%子会社だった、ペガサスから名前とってるみたい。今でも子会社なんだろうか?
上海(昌碩科技)pegatoronグループ子会社
蘇州(名碩電脳)pegatoronグループ子会社
重慶(旭碩科技)pegatoronグループ子会社
昆山(世碩電子)pegatoronグループ子会社

でZenfone3のHK版は中国製造としか書いていない。TW版は外箱に蘇州と書いてるのでおそらく名碩電脳が組み立てていると思われる。名碩電脳のホームページの商品紹介でマザボやグラフィックボードになどに加えてPSPやPS3と思われる写真もある。

Pegatron自体もiPadProやiPhoneの委託先のひとつらしいのでかなり技術力があるのだろう。
Zenfone3の側面なんてiPhoneの側面とそっくりだし。iPhoneと違い産地直売みたいなものだからコストパフォーマンスがいいんだろう。

全体に一長一短やけど1枚はキャリアの「通話料金定額プラン」か「番号維持の最低料金プラン」にし
もう1枚は「MVNOのデータのみのプラン」にすれば、ほぼすべての人の料金が下がるだろう。
あと2年ほどしたら乗り換える人が増えてくるだろうと思う。

またキャリアで番号維持プランに変更しようとすると、キャリアによっては嫌がらせでガラケーを用意することが求められますので罠に気をつけてください。ちなみにガラケーの機種によってSIMサイズがほぼすべてサイズが違いますのでSIMをたまたま間違って手違いでハサミやSIMカッターで切断することがおこらないよう注意してください。

パケットの定額契約しているスマホのSIMをZenfone3に挿しても通話は普通に使えますがあくまでもガラケー用のSIMを再発行しないとパケットの定額プランを外さない嫌がらせ?というか手数料稼ぎというか規制というか理不尽なことをされますので冷静に対処してください。

あとAU系SIMの音声通話状況は変化するので他の方の最新の記事を調べてください。
また、通話のみの維持だけプランにするとSMSで写メールは送れなくなります。またiPhoneからの乗り換えですと20160903の記事でも書きましたがiMassegeをつかっていた友人からのショートメールが届かなくなる場合がありますので念入りに確認してください。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。